最近の記事

2018年02月19日

レックス22=反落、円高・ドル安で輸出入指数が全面安


19日のリムエネルギー総合指数22種(レックス22)は、先週末比0.99ポイント下落し106.53と反落した。国内(9)107.55(先週末比0.06下落)、輸入(9)100.67(2.31下落)、輸出(4)111.38 (0.57下落)



国内指数は総じて下落。灯油は京浜渡しで同0.55ポイント、阪神渡しで同1.47ポイントそれぞれ軟化した。原油価格の下落を映した。


一方、軽油は阪神渡しで同0.45ポイント切り上がった。買い気の強さが相場を引き上げた。



輸出入指数は全面安。取引時間内の原油安に加え、外国為替相場で円高・ドル安に振れたことにより、各製品の下げ幅が拡大した。LPGのプロパンは同1.22ポイント、ブタンは同1.20ポイント切り下がった。相場は需給引き締まり感により上昇したが、円高・ドル安により押し下げられた。


また、液化天然ガス(LNG)は同16.29ポイント大幅に下落した。取引限月が3月から4月に移行したため、取引水準が引き下がった。さらに、冬場の需要期が終わりに近づいているため、買い気は減少している。


なお、輸出入軽油は同0.51ポイント超、輸出入ベンゼンは同0.63ポイントの下げ幅となった。

posted by Mark at 11:00| Comment(0) | 石油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード