最近の記事

2017年12月27日

2017-12-27 


「株式会社 宝塚すみれ発電」が「あましん グリーンプレミアム」最優秀賞を受賞
株式会社宝塚すみれ発電・代表取締役の井上保子さんは、「市民所なんて出来るのか?から、やってみよう!と踏み出した宝塚すみれ発電所1号基の建設。私たちにも電気は作れた!とみんなで喜び、2号建設に意欲を燃やしました。3号は宝塚市と協力して出来た市民発電所モデル事業。4号では念願の、農業を守るため ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
水素発電を30年までに商用化 政府基本戦略 首相「温暖化解決の切り札」
政府は26日、中長期的な水素エネルギー普及の道筋を示した「水素基本戦略」を関係閣僚会議で決定した。2030年までに水素発電を商用化するほか、自動車やバスなど移動手段での利用を拡大。将来的に水素発電の費用をガス火力並みに引き下げ、温室効果ガス削減やエネルギー源の多様化につなげる。 安倍晋三首相 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
送電線「空き容量ゼロ」は本当に「ゼロ」なのか?〜再エネ大量導入に向けた取り組み
太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギー(再エネ)の利用を拡大するには、いくつかのクリアすべき課題があります。そのひとつが「系統」にまつわる課題です。系統とは「送電網・配電網」のことで、電気を各地へ送るためのシステム全体のことを指します。送電線や電柱なども、この系統を構成する要素のひとつです。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中部電、四日市などの火力発電所3基、老朽化で廃止
中部電力は四日市火力発電所(三重県四日市市)1、2号機と渥美火力発電所(愛知県田原市)1号機を廃止したと26日に発表した。いずれも運転開始から40年以上経過し、設備が老朽化している。将来的な保守費用や発電効率などを考慮して廃止した。 液化天然ガス(LNG)を燃料とする四日市火力の2基(発電出力は ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
カット野菜の大和川食産、野菜かすでバイオマス発電
カット野菜大手の大和川食産(大阪府東大阪市)は2018年1月から、ごぼうやニンジンなどの野菜かすを使うバイオマス発電を始める。本社近くに約9億円を投じて発電施設をあわせた新工場を設けた。持ち帰り総菜の普及などでカット野菜の需要が伸びる一方で、廃棄物の処分費がかさんでいる。処理費を抑えるとともに余った ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
北朝鮮船の船長起訴へ 発電機窃盗事件で函館地検
カン容疑者ら3人は今月9日、北海道南西部の松前町沖にある松前小島に上陸後、11月末までの間に、島の物置から発電機1台(約65万円相当)を盗んだとして、道警に窃盗容疑で逮捕されていた。 道警などによると、木造船は11月28日に島で確認された。カン容疑者ら計10人が乗っており、ハングルで「朝鮮民主主義人民 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
公害技術センター、多雪地域で太陽光発電試験
建設コンサルタント・環境調査の公害技術センター(長野市)は、多雪地域で太陽光発電施設を効率的に稼働させる実証試験を開始した。発電しながら蓄電池の電力でヒーターを入れ、太陽光パネルに積もった雪を溶かす全国でも珍しい試みだ。稼働データを収集し、人工知能(AI)で最適な運転手法を割り出す。雪国での自然 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
発電所計画の資料は適切 神鋼巡り神戸市
神戸市は26日、神戸製鋼所が神戸製鉄所(神戸市)跡地に計画する石炭火力発電所増設に関して、一連のデータ改ざん問題を受けて同社に提出を求めていた資料データや測定記録に「不適切な処理は確認されなかった」と発表した。 検証の対象となったのは大気汚染物質の総排出量や水銀の排出量など。神鋼の排出ガス ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告

posted by Mark at 18:34| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
タグクラウド
QRコード