最近の記事

2011年08月09日

電力不足への懸念の高まりにより、家庭用蓄電池の需要が拡大

http://c.ams1.jp/?e=3lE0uX6UCt3x012esbz

東日本大震災による福島第1原子力発電所の事故、および全国各地に存在する
原子力発電所の運転再開見送りにより、夏季の電力不足が懸念されている。
節電への対応や、停電への対策として、大きな注目を集めているのが
家庭用蓄電池である。

4月以降、家電量販店の店頭でも販売されるようになった家庭用蓄電池には、
電気自動車等にも利用される高容量のリチウムイオン電池が用いられており、
太陽光発電システムで発電された電力や、電力消費の少ない夜間の余剰電力を
蓄えることができる。
販売価格が1台100万円以上と非常に高額な機器であるにもかかわらず、
家電量販店では順調な売れ行きを見せている等、家庭用蓄電池に対する
ニーズは大きく、電機メーカーや住宅メーカー各社においても、
その実用化に向け研究開発の速度が早められている。

家庭用蓄電地が大きな注目を集めるようになったきっかけは、・・・

posted by Mark at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 電力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
タグクラウド
QRコード