最近の記事

2020年11月04日

なぜトヨタのFCV技術が鉄道に!? JR&日立と"水素電車"開発の舞台裏 Yahoo!ニュース

なぜトヨタのFCV技術が鉄道に!? JR&日立と"水素電車"開発の舞台裏
水素戦略にトヨタがいかに「本気」であるか。それを象徴するシンボルと言っていい。 そこで開発されたFCスタックを搭載する主役が新型MIRAIという ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
水素化処理触媒市場の現在と将来の需要2026年、BASF, Chevron Phillips Chemical Company ...
レポートは、アプリケーションと地域の観点から分類することで、世界水素化処理触媒市場の全体像を把握しています。これらのセグメントは現在 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
脂肪族炭化水素溶剤市場分析はcovid-19(2020-2026)の影響を強調しています| WM Barr ...
脂肪族炭化水素溶剤市場における新技術もこの調査報告書に描かれています。市場の成長を後押ししており、世界市場で成長するための前向きな推進 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
水素社会、課題は価格 ガソリンに負けない目標設定を
九州大学水素エネルギー国際研究センター長の佐々木一成さんは、エネルギー源が高度成長期の石炭から石油の時代を経て、いまが「脱炭素」という ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大分県で地熱発電実証プラントと水素製造実証プラントを建設、大林組
大林組は、地熱発電の開発とCO2フリー水素の活用を促進することを目的に、大分県玖珠郡九重町で、大分地熱開発の協力を得て、地熱発電実証 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
芳香族炭化水素系溶媒市場の現在と将来の需要2026年、Exxon Mobil Corporatio, UOP LLC, Royal ...
芳香族炭化水素系溶媒市場における新技術もこの調査報告書に描かれています。市場の成長を後押ししており、世界市場で成長するための前向きな ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
リン酸二水素カリウム市場2019世界的に急成長し、進歩の見通し– Guanxi Mingli、武漢無機塩 ...
リン酸二水素カリウム市場」というタイトルのレポートは、より強力で効果的なビジネスの見通しを得るのに非常に役立ちます。トレンド、SWOT ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
フッ化アンモニウム-フッ化水素酸エッチング液市場技術の進歩と2025年までの将来の範囲
「フッ化アンモニウム-フッ化水素酸エッチング剤市場」というタイトルのレポートは、より強力で効果的なビジネスの見通しを得るために、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ロシアが水素生産 エネルギー輸出多様化へ
【モスクワ=石川陽平】ロシアが水素の生産と輸出に乗り出す。2035年に年200万トンを欧州やアジアに輸出する目標で、川崎重工業など日本企業と対日 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
造船・エネルギー部門統合 水素事業を強化―川重
液化石油ガス(LPG)船の建造は当面続けるが、軸足を水素運搬船に移す。 新規事業では、ロボット技術で新型コロナウイルス感染の有無を調べる ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
《のん》水素導入吸着型トリートメント
【ホットペッパービューティー】《のん》水素導入吸着型トリートメント◎|アグ ヘアー ダニエル 丸亀店(Agu hair daniel's)のの んさんの2020年11 ...
posted by Mark at 21:16| Comment(0) | 水素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都の省エネ補助金制度「地域の多様な主体と連携した中小規模事業所省エネ支援事業」を解説


01.東京都の中小規模事業所の省エネ支援制度「地域の多様な主体と連携した中小規模事業所省エネ支援事業」とは?

「地域の多様な主体と連携した中小規模事業所省エネ支援事業」とは、東京都が中小規模事業所の省エネ対策を支援するために、令和元年度から実施している支援事業です。

令和2年度は事業内容が拡大され、省エネ設備改修工事を行なった中小企業者等に対して費用の一部が補助金として支援されます。



01.1地域の多様な主体と連携した中小規模事業所省エネ支援事業の目的

東京都内で発生している温室効果ガスは、排出量の約93%が二酸化炭素によるものです。その中でも、エネルギー起源CO2(エネルギー消費に伴う二酸化炭素)が多くを占めています。

では、エネルギー起源CO2の排出量の割合を部門別に見てみましょう。

■東京都における部門別の最終エネルギー消費構成比(2017年度)

・産業部門:8.2%
・業務部門:39.4%
・家庭部門:31.4%
・運輸部門:21.0%

参照元:東京都における最終エネルギー消費及び 温室効果ガス排出量総合調査

上記を確認すると、商業・サービス・事業所が該当する業務部門は39.4%と一番多く排出していることがわかります。工場などの産業部門は8.2%となり、2つを合わせると約半分に近い割合です。

業務・産業部門のうち、4割は大規模事業所からの排出、6割が中小規模事業所からの排出ということがわかっています。

東京都はこの現状を踏まえて、CO2排出削減には中小規模事業所の省エネ対策が必須と判断。「地域の多様な主体と連携した中小規模事業所省エネ支援事業」は、中小規模事業所を有する中小企業者等に対して省エネルギー行動を促す目的でスタートした支援事業なのです。



01.2地域の多様な主体と連携した中小規模事業所省エネ支援事業の概要

中小企業者等は東京都が指定する省エネ対策サポート事業者(エスコなど)から、省エネに必要な運用改善の提案や助言(省エネコンサルティング)などを受けます。その後、実際に運用改善に係る取組を行った場合、費用の一部が助成される仕組みです。(運用改善の実践支援)

・省エネコンサルティング

対象事業所中小企業者等が所有・使用する、都内の中小規模事業所(原油換算エネルギーが1,500kl未満の事業所)
助成対象経費省エネコンサルティングに係る経費
※下記条件有り
・ダウンサイジング化を含めた省エネ設備改修工事の提案がされること
・計測装置によるデータの収集・分析
・省エネ設備改修工事契約を結ぶ、もしくは、エネルギー使用量を前年同月比で1.3%以上削減する
助成額助成対象経費の10/10(上限額は100万円)
公募期間令和2年7月6日(月)〜令和3年1月15日(金)

※省エネ対策サポート事業者への助成です。


・運用改善の実践支援

対象事業所中小企業者等が所有・使用する、都内の中小規模事業所(原油換算エネルギーが1,500kl未満の事業所)
助成対象経費省エネコンサルティングに基づき実施する、運用改善に係る取組(省エネ設備改修工事)の経費の一部
助成額助成対象経費の1/2(上限額は50万円)
公募期間令和2年7月6日(月)〜令和3年1月15日(金)
posted by Mark at 01:53| Comment(0) | 助成金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
QRコード