最近の記事

2020年09月18日

東京軽油(バージ) カテゴリー別取組高(東商取発表、単位:枚) みんなの株式

東京軽油(バージ) カテゴリー別取組高(東商取発表、単位:枚)
東京軽油(バージ) カテゴリー別取組高(東商取発表、単位:枚). 配信元:時事通信社. 投稿:2020/09/17 16:24. 20200916 20200915 20200914 売 買 売 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
答えは「天ぷら油+ミドリムシ」? 陸海空OKの新バイオ燃料 CO2削減の打開策になるか
従来の軽油とほぼ同等の品質・パワーで、排出CO2を10%削減するそうです。 ライオンズの選手寮で食用油回収 バスの燃料に. 西武バスが2020年9月7日 ...
posted by Mark at 12:11| Comment(0) | 軽油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「水素エネルギー社会」に直結する次世代技術はこれだ!〜世界の特許出願動向と注目技術領域 ... PR TIMES

水素エネルギー社会」に直結する次世代技術はこれだ!〜世界の特許出願動向と注目技術領域 ...
水素を社会で広く活用するためには、まず低コストな水素製造技術が必要です。現状流通する水素ガスは水酸化ナトリウム製造や製鉄、石油化学工業 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
米テキサス州水素インフラ実証プロジェクトに三菱重工などが参画
実証プロジェクトは、大きく分けて2つに分類される。 (1)テキサス大学オースティン校が幹事となり、商業ベースでの水素の製造・供給・貯蔵・利用 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
水素を用いたエネルギー貯蔵・利用の実用化に向けた技術開発事業の拡充・強化
福島県・浪江町におけるNEDO水素エネルギーシステム技術開発事業の期間延長と事業者拡充― <下へ続く>. 東芝エネルギーシステムズ株式会社、 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東芝エネシステムら5社、再エネを水素で貯蔵・利用する技術開発事業を拡充
各種制御システム、水電解技術の高度化めざす. 今後、Power―to―Gasの実用化に向けた技術の確立を目的に、各種制御システム(水素エネルギー運用 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
水素燃料ステーション市場2020年の洞察と正確な展望-Air Liquide、Air Products and Chemicals ...
レポートは、水素燃料ステーション市場の概要から始まり、開発全体を通じて提供します。ドライバー、トレンドセグメント、消費者の行動、価格 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
AOKIのスーツで五輪を盛り上げ 水素機器メーカーの営業マンが着用 「幅広い支援を」本会議で質問
同社は全国700カ所のフィットネスクラブで水素水サーバーを設置しているほか、9月から水素を体内に取り込む水素吸引機「H2JI1」を治療院 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東芝エネ=水素を用いたエネルギー貯蔵・利用の技術開発事業の実証実験を延長
これは、NEDOが公募した「水素社会構築技術開発事業/水素ネルギーシステム技術開発/再エネ利用水素システムの事業モデル構築と大規模実証に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
旭化成と東北電力ネットワーク 浪江町のNEDO水素実証事業に参加
今年3月には「福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)」が開所。世界最大規模の10MW級水素製造装置を活用し、電力系統への需給バランスの ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
水素吸引機が治療院で注目 リースで月額3万400円
水素ガスには抗酸化ストレスや抗炎症の効果があり、様々な肺障害モデルに治療効果を発揮することが動物実験や臨床研究で示されている。同機器は ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
そうまラボ研究棟開所 水素利用の技術開発拠点 再生可能エネ地産地消へ /福島
出力1600キロワットの太陽光発電から電力を市下水処理場に供給。施設運転や汚泥乾燥に活用し、水電解装置で水素を製造する実証事業などを行っ ...
posted by Mark at 00:16| Comment(0) | 水素 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【台湾】【台湾新成長】台湾の洋上風力発電を日本へ 再エネ先進地を目指して(上) Yahoo!ニュース

 
 
日本エコライフ、太陽光発電リース普及へハウスメーカーと協業
ゆめ電力の発電所は、リース会社によるリースを利用することで、初期費用ゼロで太陽光発電を利用できるサービス。 辰巳住研は、「楽しく暮らす ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
アンザン省:サオマイ太陽光発電所第2期が着工、投資額137億円
発電所の第2期はソーラーパネル30万枚、インバータ38台を設置し、出力は106MWで、年内に商業発電を開始する見通し。投資額は3兆VND(約137 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
  
大規模太陽光発電施設の建設 山梨県が規制強化検討 長崎知事が現場視察
県内には、建設予定の大規模太陽光発電施設が22か所あり県は条例制定も選択肢に規制の強化を検討していくことにしています。 前のニュース ・ 次の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
タイ発電公社グループ、ベトナムで超々臨界圧石炭火力発電所開発
【ベトナム】タイ発電公社(EGAT)とグループ会社2社は16日、ベトナム中部のクアンチ省で超々臨界圧石炭火力発電所を開発すると発表した。 出力 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ジンコソーラー、ベトナムTrung Namグループに611MWのTiger両面発電モジュールを供
このプロジェクトは、ベトナムと東南アジアにおける今までの両面発電モジュールを応用された最大プロジェクトの一つである。プロジェクトで使用 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
家電配送、太陽光発電システム設置工事業者のヤマダエコソリューションが破産
営業エリアは関東から近畿、中国、四国、九州に及び、大手家電量販店が展開する太陽光発電システムなどの配送、設置、取付工事も受託していた。
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
地熱発電およびヒートポンプ市場2020-生産、販売、消費量、業界比較分析:ALSTOM ...
地熱発電およびヒートポンプ市場2020-生産、販売、消費量、業界比較分析:ALSTOM、ALTAROCK ENERGY、GE(ベイカーヒューズ)、カルパイン ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
水力発電、昨年比1・2倍/水豊、渭原発電所など各地で
ウェブサイト・メアリが15日に報じた。 同サイトによれば、平安北道の水豊発電所、慈江道の渭原発電所でめざましい成果があがっている。これら ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
洋上風力発電向け「風況観測システム」、実証でコスト85%減 日本気象協会
洋上風力発電の風車のハブ高さを想定した高度100mでの観測データ取得率は96.1%で「長期間の安定した観測が可能であることを確認した」として .
posted by Mark at 00:15| Comment(0) | 風力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「原油の世界市場 2020年:超軽油、軽油」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しま ... Dream News

「原油の世界市場 2020年:超軽油軽油」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しま ...
「原油の世界市場 2020年:超軽油軽油」調査資料(市場規模・動向・予測)を取り扱い開始しました. 株式会社マーケットリサーチセンター 2020年 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
レギュラーガソリン、2週連続の値上がり 前週比0.3円高の135.8円
ハイオクガソリンは146.7円、軽油は116.3円、いずれも前週から0.3円値上がりした。 60万人の会員を持つガソリン価格投稿/愛車燃費管理 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
国内のガソリン小売価格が再び下落、コロナ感染拡大で
... ハイオクガソリン(オクタン価95):625Ks、軽油レギュラー):565Ks、軽油(プレミアム):575Ksとなっている。 下落の原因として、世界 ...
posted by Mark at 00:14| Comment(0) | 軽油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将来の電力、9割強確保 容量市場が初入札 価格に課題 経済 環境エネ・素材


将来の発電能力を取引する「容量市場」の初の入札結果がまとまった。目標としていた供給量の9割強を確保したが、約定価格はほぼ上限の1キロワット当たり1万4137円だった。市場創設の目的である火力発電などの新設・更新費用の確保には一定の効果があったものの、容量の買い手である電力の小売事業者からは約定価格に不満が出ている。

17日の総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の部会に経済産業省などが報告した。容量市場は発電事業者が小売事業者から発電所を維持する資金を得るための新しい電力取引市場だ。天候次第で出力が変わる再生可能エネルギーの普及につれて、電気を安定的に供給できる電源の重要性は増している。一方で電力市場の自由化によって火力などの高コスト電源は価格競争にさらされて更新費用が十分に確保できない恐れが出てきた。

このため、小売市場でのシェアに応じて小売事業者に一定の容量の購入を義務付けた。発電事業者は容量を売却することで費用を安定的に確保できる。

入札では2024年度に必要な容量を対象にした。約定した総容量は1億6769万キロワットで、目標調達量の約94%を確保した。あらかじめ設定された上限価格は1キロワット当たり1万4138円で、今回の約定価格はほぼその上限に達した。供給力の新設などに必要とされる9425円を大幅に上回っている。

約定価格が低すぎれば電源の新設・更新費用を確保するという容量市場の目的が果たせなくなる。ただ、今回の結果は小売事業者の強い不満につながった。今後は上限価格の設定方法など入札制度を検証し、必要な見直しを実施する。

posted by Mark at 00:06| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
QRコード