最近の記事

秋田の洋上風力発電、事業費1000億円の高額さが招く「外資乱入」 ダイヤモンド・オンライン

秋田の洋上風力発電、事業費1000億円の高額さが招く「外資乱入」
丸紅を筆頭株主とする特別目的会社が、秋田県での洋上風力発電ロジェクトの実施を決定した。国内初の商業ベースでの大型プロジェクトで、今後に計画されて ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される
太陽光発電は、地上に降り注ぐ太陽光を活用した発電手法として広く用いられてきた。世界全体の太陽光発電の導入量は2017年時点で100ギガワット(GW)に ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
生涯充電不要!?体温発電するスマートトラッカー「MOTHER」
日々の体調を監視してくれるスマートトラッカーは便利だけれど、定期的な充電が必要なのが難点。しかし日本企業が開発した「MOTHTER」は、なんと体温で発電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
温度差で発電する“やわらかい電池”の実現へ前進、性能上限の仕組みを解明
温度差を利用して発電し、高い発電性能を持つやわらかく、フレキシブルな熱電変換材料・素子の開発につながる成果としている。 プラスチックの一種である導電 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
東芝エネルギーシステムズ、夏に仮想発電所サービス
東芝の子会社で発電設備などを手掛ける東芝エネルギーシステムズは18日、エネルギー業界における同社の取り組みについて説明会を開いた。あらゆるモノが ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
イタリアの太陽光発電(PV)、市場の業界の展望、包括的な分析、サイズ、共有、成長、セグメント、2024年 ...
グローバルイタリアの太陽光発電(PV)、市場に関する最新の調査レポートは、ユーザーに業界に関するすべての洞察を提供することで、ユーザーの要件を満たす ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電事業3GW相当、新型肺炎で影響
インドの格付け会社クリシルは、約3ギガワット(GW、1GW=100万キロワット)相当の太陽光発電事業が期日までに商業運転を開始できない可能性があるとの ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
太陽光発電5施設が年内稼働、出力160MW
カンボジアの5カ所で、太陽光発電施設の建設が進められている。総出力は160メガワット(MW)で、年内に稼働して全国の送電網に接続する予定だ。クメール・ ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
シタラ興産が廃プラ焼却・発電施設 77億円投資
産業廃棄物処理のシタラ興産(埼玉県深谷市)は廃プラスチックの大型焼却・発電施設を建設する。投資額は約77億円。中国を初めアジア各国による輸入規制の ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
県企業局、独自送電網を検討 災害時の長期停電防止へ
県企業局が県営水力発電所で発電した電気を、自然災害などによる停電時にそれぞれの地元地域の行政機関や医療機関、避難所などに直接送る構想に .
posted by Mark at 16:06| Comment(0) | 風力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド
QRコード